月別アーカイブ: 2012年10月

FX取引の適正ポジション量

為替証拠金を使用して取引をするときにどれくらいの割合で
取引をしたら良いのか迷う場合がありますよね。

現在の相場では1万通貨の取引をするのに大体4万円くらいの証拠金が必要になります。

4 万円を取引口座に入れて1万通貨の取引をした場合には、
ちょっと反対方向に動いただけで、すぐに証拠金維持率が100%を切ってしまいますので、
この取引の仕方はよっぽど取引に自身がある場合にしかオススメできません。
下手したら4万円では1万通貨のポジションも持つことができないかもしれませんね。

せめて1万通貨の取引をする際に必要なのは10万円くらいの証拠金が必要ですね。
10万円で1万通貨であれば、反対方向に動いたとしても6円くらいの値動きには
耐えられることになります。

これくらいの余裕を持って取引を進めたほうが安心して取引ができると思います。
余裕を持って取引が進められるように口座への金額は為替証拠金より
2.5倍くらい大目に入れておきましょう!

10万通貨の取引をするのなら為替証拠金が40万になりますので、
その2.5倍ということは100万円って事ですね。
逆に100万円で取引する場合のポジション量は10万通貨が上限って事です。

ポジション量といえば最近のFX会社では顧客のポジション量を公開しているところが多くなってきましたね。以前はくりっく365だけでしたが店頭会社にも広がりを見せています。これを見比べてみるってのが最近のマイブームになりつつあります。一般投資家の心理が反映されてますので。

みんなのFXではポジション比率だけではなく人数の比率も確認できます。

minnano.jpg

以下のFX会社でも売買比率を確認できます。
OANDA 外国為替の未決済のポジションの比率
外為どっとコム ポジション比率情報
マネーパートナーズ 売買比率