FX取引の適正ポジション量

為替証拠金を使用して取引をするときにどれくらいの割合で
取引をしたら良いのか迷う場合がありますよね。

現在の相場では1万通貨の取引をするのに大体4万円くらいの証拠金が必要になります。

4 万円を取引口座に入れて1万通貨の取引をした場合には、
ちょっと反対方向に動いただけで、すぐに証拠金維持率が100%を切ってしまいますので、
この取引の仕方はよっぽど取引に自身がある場合にしかオススメできません。
下手したら4万円では1万通貨のポジションも持つことができないかもしれませんね。

せめて1万通貨の取引をする際に必要なのは10万円くらいの証拠金が必要ですね。
10万円で1万通貨であれば、反対方向に動いたとしても6円くらいの値動きには
耐えられることになります。

これくらいの余裕を持って取引を進めたほうが安心して取引ができると思います。
余裕を持って取引が進められるように口座への金額は為替証拠金より
2.5倍くらい大目に入れておきましょう!

10万通貨の取引をするのなら為替証拠金が40万になりますので、
その2.5倍ということは100万円って事ですね。
逆に100万円で取引する場合のポジション量は10万通貨が上限って事です。

ポジション量といえば最近のFX会社では顧客のポジション量を公開しているところが多くなってきましたね。以前はくりっく365だけでしたが店頭会社にも広がりを見せています。これを見比べてみるってのが最近のマイブームになりつつあります。一般投資家の心理が反映されてますので。

みんなのFXではポジション比率だけではなく人数の比率も確認できます。

minnano.jpg

以下のFX会社でも売買比率を確認できます。
OANDA 外国為替の未決済のポジションの比率
外為どっとコム ポジション比率情報
マネーパートナーズ 売買比率

運命の分かれ道!FXの損切り(ロスカット)の重要性

FXにおいて損切りは自分の資産を守るために重要な仕組みとされています。
損切りをすべきタイミングはさ まざまですが、その一つとしてポジションの状態が深く関係しています。

簡単にいうと、
「ポジションを持った根拠がなくなった場合は、思い切って切るようにする」という心構えが大切です。
ポジションを持ったとき、相場がこれから上がるもしくは下がるといった予想も
一緒に持っているものです。

しかしどんなときでも為替相場がトレーダーの予想通りに動くとは限りません。
時には予想の反対に動くことだってあるのです。
そんなときに持っているポジショ ンをこのまま持ち続けるのか、
思い切って切ってしまうのか、ここが運命の分かれ道です。

こういうときにポジションを持ち続けていたがために、
気づいた頃には損失が膨らんでしまっていた・・・なんてこともあるのです。

こういった事態を防ぐためには、ポジションを持ち続ける意味が
なくなったと判断していさぎよく諦めることも大事です。

では相場が思惑と違うほうに動いてポジションに違和感を感じたらどうする?

自分が持っているポジションに違和感を感じたら思い切って切ってし まうことが大切です。
これで結果的に1勝3敗、とかになってしまっても総合的な利益が大きければ問題ありません。
希望や期待が邪魔してなかなか切ることが できないのものですが、
ずるずる引きずるのが一番よくありませんから。

FX取引と通貨ペア

FXでは勝つための通貨ペアを選ぶことも大切になりますが、
その通貨ペアに合わせて枚数を変えることもかなり重要となります。

通貨ペアの枚数は使用する通貨単位のことで、
FX業者によってそれぞれ設定されています。

たとえば1000ユーロがそのFX業者の最低取引額であれば、
1000ユーロは「1枚」ということになります。
初心者であれば少ない枚数、基本的には1枚から始めることが推奨されます。

最近はFX初心者でも低いリスクで取引が始められるよう、
低い取引額からでも取引ができるようになっています。
慣れるまでは、何枚も買って・・・という大きな取引は避けたほうが無難です。
慣れてきたら、枚数を増やしてみましょう。

FX業者で最も取引単価が低い業者といえば、
マネーパートナーズです。
その単位がなんと100通貨からで証拠金も何百円の世界です。
デモトレードを行うより小額でもいいので実際のお金の取引で、
練習したほうが緊張感は全然違いますので、FX初心者の方にはオススメです。
20120822-manepa.jpg

FXにはさまざまな通貨がありますが、
マイナー通貨と呼ばれるものがあります。

マイナー通貨とは米ドルやユーロなどのメジャーな通貨に対し、
取引量や流通量の少ない通貨のことをいいます。

一部のFXトレーダーの中にはマイナー通貨を使った取引のみを行う人もいます。
マイナー通貨の多くは「ハイリスクハイリターン」が基本となっています。
場合によっては決済ができないかも・・・というデメリットやリスクを抱える反面、
金利が高くうまくいけば一度に大きな利益を得られます。

最近はマイナー通貨を取り扱っているFX業者も増えてきています。
こういったマ イナー通貨で取引してみたい人は、
50種類以上の通貨ペアがあるFX業者がおすすめです。

現在通貨ペア数が多いFX会社はIGマーケッツの68通貨ペアや
ヒロセ通商の50通貨ペアではないでしょうか。

失敗から多くのことを学ぼう

投資には失敗がつき物です。
投資額が全て無くなることもあります。
それは仕方の無い事です。
ノーリスクハイリターンの取引など無いのです。

ノーリスクの場合はノーリターンです。
仕事をする上でも覚悟を決めてしっかりと業務をしていないと解雇ということもあり得ますね。
取引以外にも生きる上では少なからずリスクはあるのです。

取引をしていて与えられるリスクは、
お金がなくなるということだけですので、
無くなっても痛くない程度のお金でFXでの投資を楽しみましょう。


FXで投資をしてリスクを知るのは、
もちろん業者に口座を開設するときに文章や口頭説明で受けると思います。
文章や口頭説明を受けたとしてもそのリスクは理解しにくいことでしょう。

本当のリスクを知るためには、
実際に取引をするしかありません。
取引なくしてリスクを実感することはできません。

デモトレードでもいいので取引をしてもリスクを感じられるかもしれませんが、
実際のお金を使っているわけではないので知りうるリスクとしては小さいものです。

やはり、実際のお金を使って、
実際に失敗をしてみて痛みを感じてみてFXについて知ることが一番良いでしょう。

失敗を繰り返すことがFXの投資に慣れる第一歩となります。
失敗をして、失敗をした原因を良く良く振り返ることで、
自分なりのマイルールを作ってFXの世界に慣れていくのが良いと思います。

為替レートとは

FX=外国為替証拠金取引における外国為替相場では、
一日に約2兆ドルもの取引が行われています。

為替レートとは通貨 の売り手と買い手が取引するために
納得する取引価格、相場のことです。

もちろん世界の情勢や経済は24時間毎日変化していますので、
その為替レートは常に 動いているのです。

為替レートの動き次第で、取引で利益が出ることもあれば、
逆に損になる(為替差損)場合が生じるのです。

FXでは世界中で多くの投資家 が取引をしていますので、
為替レートも複数出来上がります。
為替レートの変動によって生じる利益のことを「為替差益」と呼びます。

外国為替相場の市場名
FXでは国と地域によって外国為替相場の市場名があります。
たとえばオセアニア市場、
日本市場、
欧州市場、
北米市場などがあります。
この中でもっとも早い(日本時間)のはオセアニア市場です。